再販とはいえMG!イングラム、じっくり開始

いよいよ今日から、次のプラモデル──98式AVイングラムの再販MGキットを組み始めました。
お買い物から帰ってきてお昼すぎ、保護者と並んで作業スタート!

シュナ、イングラムのパーツにペーパーがけなう

これまで作成し、完成させてきたガンプラはみんなHG(=1/144)。
それに対して、再販された過去キットとはいえ、今回はMGです。
パーツも当然多いし、細かいし。説明書の組み立て手順も長いし。
しかも、パーツの中にビスやらナットやら入ってるし(;´∀`)

それでもシュナ、楽しそうにパーツを切り出し、ペーパーがけして…
と作業を始めました。
これまでのペーパーがけは、400番から600~1000~1200~1500~2000と行ってました。
なにせ無塗装とか部分塗装ですので、切り出したらもうしっかりペーパーがけしなきゃね、と。

ですが今回のイングラムは全塗装で、サフ吹きします。
ちなみに用意しているサフはミスターサーフェイサー1200と、フィニッシングサーフェイサー1500。
そのため

「今の時点でのペーパーがけは1000番までね」

そう伝えるとシュナは一瞬、なんだか妙にホッとした顔になってました。
どうしてもペーパーがけって地味だし時間かかるし神経使いますものね。

とはいえ、サフ吹きした後で1200番以後のペーパーかけるんだけど。
んで、場合によっちゃまたサフ吹きしてペーパーがけなんだけど。

……言えない……あのホッとした顔を見たら、その事実を言えない(。。;)

さて、そんなわけでホッとしたシュナですが、その後、次第に口数が少なくなってきて。
隣で保護者も同じ作業工程でケンプファーアメイジングの仮組みを進めていたのですが
だんだんと会話も減っていって…

パーツを切り出してペーパーをかけて組んでいっても、なかなか「目に見える形」にならないのがアレみたい(;´∀`)
確かにHGにくらべてMGの場合、最初のほうの組み立て部位ってほんと地味ですよね。
言うなれば「進んでる感」を実感しにくいというか。

さらにイングラムの場合、最初の方から
  • 精密ドライバーを使ってのビス止め
  • 関節カバーのゴムパーツの切り出し
なんていう未経験の作業があるわけで。
そういえば関節カバーのゴムパーツを切り出した後

「これ、ペーパーかけるの?」

そりゃ疑問に思いますわな(・∀・)
ちなみにゴムパーツのゲート処理=デザインナイフで切り取りですので、これは保護者が処理しました。

お昼すぎから夕方までの約3時間で、前腕の仮組み(1本)が終了
そんなこんなで夕方までの約4時間。
ようやく、目に見える形──前腕部がひとつ出来上がりました。

「イングラムってこんなに大きいの!?」
「MGだからねぇ(´ω`)」

ずっとHGで来たシュナには色々新鮮だったようです。
というわけで本日の作業はここまで!
明日は学校ですが明後日は祝日なので、明日の夜、また作業再開かもです。


保護者が並行して作成してるケンプファーアメイジングは胴体部の仮組み 
ちなみに保護者が横で同時に作って見せていたケンプファーアメイジングは…

シュナのフォローとか下の子の対応とかブログのコメント返信とかしながら
胴体部分の仮組みまでどうにか進みました(;´∀`)

コメント

シュナくん、こんばんは!
ぼくが思うに、MGは部品の数が多いだけで塗り分けるのも、腕や顔とかがHGよりも大きいから、むしろ楽だよ。部品が多いから時間かかるだけで、作るむつかしさが上がるわけじゃない。だからじっくりやればいい結果が出るはず。
完成したら、「おお〜」ってなるよ!先が見えにくいけど、お父さんとがんばって!

かさばる兄さん | URL | 2014-09-21(Sun)21:57 [編集]

かさばる兄さん へ

頂きましたコメントをシュナに読ませたら、笑顔が帰ってきました。
ありがとうございます(・∀・)

おかげさまでやる気がっつりのシュナですので、じっくりしっかり進めて
シュナ自身が喜べるものに仕上げて欲しいものです(*´ω`*)

シュナ(の保護者) | URL | 2014-09-22(Mon)17:10 [編集]

コメント投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
▲ Go to PageTop