ちょっとした改造。

 今回は、ピンを切りすぎてすぐに外れてしまう、
ひじを外れにくくします。
まずは、ピンの内側にある穴の直径を測ります。1・8か9ミリほどでした。
次は外側。3ミリでした。
なので、2ミリのプラ棒と3ミリのプラパイプを使います。
DSCN1835.jpg 
プラ棒の太さとピンの内側の直径が
合っていないのでピンのほうに2ミリの穴を開けます。
そこにプラ棒を瞬間接着剤で接着します。
次に、このプラ棒にプラパイプを接着します。
しかし、接着剤を固めようと、硬化剤をつけたら。
(;m;)

見事にプラパイプが大破しました。
なにかうまくいく方法は無いかなぁと考えていると、そこで試しにプラパイプの穴に、
つまようじを刺してみたらちょうど良くはまりました。(^v ^)

DSCN1848.jpg

つまようじの太さを測ると、2・5ミリでした。
なので今度は、ピンには2・5ミリの穴を開けました。
ここに2・5ミリの穴を開けます。
あああ!
そっそういえばピンの外側3ミリなんだった-!
仕方ないのでピンを切って、ピンがあった所に2・5ミリの穴を開けて、
そこにつまようじを刺して、適当な長さに切ります。
そこに、プラパイプを刺してかるく接着してやっと出来ました。一部木造のガンタンク

コメント

コメント投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
▲ Go to PageTop